介護事業設立&運営の事なら介護特化型のひだまり行政書士事務所へ

通所リハビリテーションの指定基準

通所リハビリテーション

通所リハビリテーションとは

通所リハビリテーションは、利用者が可能な限り自宅で自立した日常生活を送ることができるよう、利用者が通所リハビリテーションの施設(老人保健施設、病院、診療所など)に通い、食事や入浴などの日常生活上の支援や、生活機能向上のための機能訓練や口腔機能向上サービスなどを日帰りで提供します。

通所リハビリテーション指定基準

人員基準のポイント

職名 資格 配置基準
医師  ・医師 ・専任の常勤医師1人以上

理学療法士
作業療法士
言語聴覚士
看護職員又介護職員

・理学療法士
・作業療法士
・言語聴覚士
・看護職員又介護職員

①提供時間帯を通じて専従で、利用者数が10人以下は1以上10人を超える場合は利用者数を10で除した数以上

②①のうちリハビリテーションを提供する時間帯に、専従の理学療法士、作業療法士又は言語聴覚士が、利用者100人又はその端数を増すごとに1人以上

★通所リハビリテーションの事業所の場合には、医療施設の一部となるため、専任の管理者を置く必要はありません。
★通所リハビリテーション室(スペース)は、併設の医療機関や老人保健施設の通所リハビリテージョンを行うためのスペースと合わせて設置することが認められます。ただし、それぞれの事業に必要なスペースを区分し、かつ、それぞれの面積等が設置基準を満たしていることが必要です。

設備基準のポイント
  • 専用の部屋等、利用定員に3㎡を乗じて得た面積以上(介護老人保健施設の場合は、専用の部屋等の面積に、利用者用に確保された食堂の面積を加える)
  • サービスの提供に必要な専用の機械及び器具
運営基準のポイント
  • 管理責任を遵守すること。
  • 説明、同意をとること
  • 利用申込み対応すること
  • サービス提供困難時には、他事業者の紹介等必要な措置をとること。
  • 利用申込者の受給資格等を確認すること。
  • その他適正な運営体制を整備すること


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 経営理念と想い アクセス サービスの進め方 よくある質問